リーダーシップ ワークショップ4 ポストM&A 企業間の相互理解と活性化 ワークショップ

M&Aによって、新しい企業が、ホールディングスカンパニーの傘下になった後に、企業の人たちが、今まで当たり前に思っていた仕事に対する考え方や行動習慣の違いに戸惑うことがあります

このワークショップは、解決対話リーダーシップツール akari idea  アカリ イデアを使って、具体的な課題解決を通じて、経営理念と価値観(ミッション、ビジョン、バリュー)を共有する場とするものです

テーマを提示する役割の人(テーマー Themer)1名、テーマの話を聴く役割の人(レシーバー Receiver)1名、2人の対話に耳を傾ける役割の人(オーディエンス Audience)2名の4人1組となって、具体的な課題の解決案を作成します
 
4人は、交代で、テーマー、レシーバー、オーディエンスになり、ワークショップ全体の大きなテーマに関連した個々のテーマについて、具体的で、主体的な課題解決案を創造します

4人でのダイアログが終わったら、休憩を挟んで、各人は、バラバラになって、それぞれが、新たなグループになり、新しいメンバーで、別のテーマでダイアログを実施します

こうしたプロセスの中で、仕事や行動に対する価値観を認識し、新たな経営理念(ミッション、ビジョン、バリュー)に照らし合わせて、行動や考え方を振返ります

それぞれのダイアログに入る前に、経営理念を唱和すると効果的です

 時間は、4人で、それぞれのディスカッションまでを入れて約2時間、合計約4時間となります
具体的な解決行動案は、1人2件ずつ作成されます

このワークショップによって、企業間の価値観や行動習慣の違いを知り、新たな課題解決をすることで、経営理念の浸透と徹底が促進します。またグループとしての統一的な力が生まれ、業績が向上します

イノベーティングリーダーシッププログラム解決対話リーダーシップツール

イノベーティングリーダーシッププログラム
解決対話リーダーシップツール