テーマ

Ⅰ.企業価値向上と人財成長    

Ⅱ.職場での人財成長と組織活性化

Ⅰ.企業価値向上と人財成長

「企業価値の向上について、社内の多くの人に意識を変えてもらう手段は無かった」

グローバル化、グループ化、ガバナンスの強化が進み、企業価値の概念がビジネスパーソンの共通言語になっています。

しかし、これまで、技術系社員に、企業価値向上の意義と方法を短時間で理解してもらうことは、困難でした。

財務が専門ではないビジネスパーソンにとって、企業価値(会計&ファイナンス)を理解するには、4つのカベがあります。
第1のカベ「決算書がわからない」
第2のカベ「経営分析がわからない」
第3のカベ「キャッシュフローがわからない」
第4のカベ「企業価値がわからない」

簿記などの前提知識がなく、時間も割けることのできない技術系社員が、これらのカベを、スムーズに乗り越えられるような手段は、ありませんでした。

単なる知識としてではなく、実際に、企業の価値を向上させる意義と方法を理解するために最も良い方法は、自らが小さな会社の経営者になることだと言われます。

そうした機会を得ることができる人もいますが、機会は限られていますし、大きなリスクもあるので、現実的ではありません。

会社を倒産させるようなリスクの無いスモールワールドで、経営者の経験をすること、それができるのが、ビジネスゲームの特徴です。

その中でも、企業価値創造ゲームは、上の「4つのカベ」をラクラクと乗り越えられるようにデザインされています。

企業価値創造ゲームは、ゲーム形式で、直観的に、構造的に、体系的に、経験的に企業価値向上の意義と手法を楽しみながら、学べます。

企業価値創造ゲーム PACIOLI μ

企業価値創造ゲーム PACIOLI μ

Ⅱ.職場での人財成長と組織活性化

職場で人が育たない
優秀な人材が辞めてしまう
利益が足りない
キャッシュフローが不足だ
こんなお悩みはありませんか?
管理システムの強化だけでは、限界がある
厳しい環境の変化の中で、永続的な企業変革が必要になっています。

社内管理システムの強化だけでは、社員の自主的、主体的な行動の増加は十分に期待できません。

経営コンサルタントによる外部からの変革では、永続しない

経営コンサルタントによる、外部からの企業変革は、一時的なものになりがちで、永続しません。
では、どうしたら? 
ボトムアップで会社が変わる
個人個人のレベルアップと組織のステージアップが直接リンクするリーダーシッププログラムがあります。
参加型の行動経験が、個々の社員の意識を変化させ、主体的な行動によるボトムアップからの組織変化を実現させます。

akari idea

akari idea