B/S・P/Lを変える 行動を増やすには?

 

御社の多くの社員が以下のようになったらどうでしょうか?

1.ビジネスと経営数字の繋がりの全体像を把握している

2. P/Lを変える(利益を増やす)方法を知って行動している

3.良いB/Sの意味を知り、改善している

4.内部視点から企業価値を向上させる方法を知り、行動している

 

では、B/S・P/Lを変える行動を増やし、成果を上げるには、どうしたら良いでしょうか?

・会計やファイナンスの講義、練習問題
・通信教育やE-Learningなどの個別学習
などを実施されている企業も多いですね。

しかし、受講者の反応は、いかがですか?
・難しく、分かりにくい
・抽象的、体験できないので、実感が持ちにくい 
自信を持ちにくい
飽きてしまう
眠くなる
興味を持てない
・計算だけやっていて、意味がよく分からない
・自分とは関係ない
・自分だけ分かっても、部門や会社では共通の認識がないので行動できな

これでは、行動が変わり、会社の成果が上がるところまでは、とても到達できません!

 

 


では、成果を出す「オーガニゼーション ラーニング(組織学習)」の条件とは、どのようなものでしょうか?

 

行動に必要な知識を手に入れることは、もちろん、行動へのモチベーションを高める「エフィカシー」、さらに、協働の体験による共同の目標の浸透が必要です

 


そこで、お薦めするのが、

企業価値をゲームで学ぶ オーガニゼーション ラーニング
企業価値創造ゲーム PACIOLI®

皆が参加し、語り合い、楽しみながら、目標と手段を共有

1.行動に必要な知識が経験を通して、実感的身につく目的別の4つのプログラム(各4時間程度)

2.自信(「自分にも出来る!」というエフィカシー)と行動への意欲を高めるゲーミング設計

3.共通の体験によって、共通の目標が浸透する

 

大手企業を中心に約3万人の実績

伊藤忠商事、丸紅、三菱マテリアル、花王、オリックス、 イオングループ、エルメス、
藤田観光、日本生命、JT、NEC、 オラクル、日本政策金融公庫、日本生産性本部、また多くの中堅企業様にご活用いただいてまいりました

1994年以来25年間、時代のテーマの移り変わりとお客様の人事・経理スタッフや参加者からのご意見も取り入れながら、改訂を重ね、現在vers.8.0決定版となっております。

パチオリの参考図書も、会社四季報で有名なビジネス専門書の東洋経済新報社で出版され、ロングセラーとなっています。

初版「直観でわかる 経理のしくみ」加藤弘道著 1998年
新版 「直観でわかる 経理のしくみ」加藤弘道著 2014年

 

 

 

 


1つのゲームツールで 4つのレベル別プログラムを体験できる
(PACIOLI vers.8.0よりご提供開始)

 

レベルⅠ プログラムA  経営数字の全体像がわかる  
<プログラムAの効果>

1.全社員が経営者意識を持つ
2. B/S PL C/Fの関係が良くわかっている
3.自分の行動が、決算書のどこに繋がるのかよく分かっている
4.経営分析の意味が分かる
5.経営幹部候補に決算書に苦手意識を持っている人がいない

レベルⅡ プログラムB  PLを変える行動に繋がる
<プログラムBの効果>

1.営業パーソンが安易に値下げに走ってしまうことはない
2.利益目標を力を合わせて達成する
3.利益を増やすための具体策を自ら考えて行動する
4. 損益分岐点の意味を理解している

レベルⅢ プログラムC  B/S を変える行動に繋がる
<プログラムCの効果>

1.在庫が少なくなる」
2.売掛金の回収意識が高くなる
3.キャッシュフローの意味を分かっている
4.「B/S脳」「ファイナンス脳」を育つ
5.企業価値の概念が浸透している
6.企業価値の基本を理解している

レベルV プログラムD  企業価値を変える行動に繋がる
<プログラムDの効果>

1.現場での企業価値向上の方策を総合的に理解している
2.将来の経営幹部を育成できている
3.株主を意識した経営が浸透している
4.現場にROICが浸透している
5.現場に自社の企業価値の指標が浸透している

 

御社では、どのプログラムにご興味がおありですか?

どのプログラムも、社員の皆様が、自社のテーマに対して、共通の認識を持ち、自信を持って行動し、成果を上げるようになります

新入社員フォローアップ研修やリーダー研修から次世代経営幹部研修まで、すべてのプログラムを階層的に利用することもできます


 

受講者の感想から

・「経営数字は、自分の行動で「変えられる』『変えるものだ』と、痛切に感じた」
・「次は、絶対に株価を上げたい!」
・「非常にわかりやすかった。これまで、財務について、難しく考えすぎていた」
・「10年前、いや20年前に体験できていたら、人生(キャリア)が変わっていた」

 

企業導入ご担当者様の声から

・「会社の収益が不足している。このゲームを社内スタッフで展開し、意識改革をしている」
・「社員全員(300名)が、研修を受講することで、利益・キャッシュフロー志向の組織風土に変えていきたい」
・「在庫が多いなど事業部によって問題点が異なるが、このゲームで、それぞれの問題点を改善していきたい」
・「営業パーソンのために、顧客へ経営者視点の提案力をつける研修を実施している」

 


 

企業価値創造ゲーム PACIOLI の短所

PACIOLIには、以下のような「短所」があります。
御社の導入目的に合わせてご検討ください

・「事故」や「火災発生」などのゲーム的な「イベントカード」は無い
・意思決定が少なく、ルールはシンプルである
・マーケティングゲームではないので、自分で商品の価格を決めることは出来ない
・原価計算の部分はない
・経営からのメッセージ(「ここに気づいて欲しい」、 「こういう行動をしてほしい」等)が無いと、ただの「ゲーム」で終わってしまう恐れがある 
・お札や貨幣、コイン、工場、商品などの模型が無いので、参加者にはビジネスの想像力が必要になる


 

企業価値創造ゲームの活用ケース

1.新入社員(フォローアップ)研修、リーダー研修
2.管理職研修
3.企業価値向上研修
4.各部門の貢献利益意識の浸透
5.技術者の経営意識を高める
6.株主の期待に応える企業価値経営指標(ROE、EVA、ROICなど)の社内浸透
7. BtoB営業パーソンのための提案力向上トレーニング
8.海外現地でのグローバルリーダー研修

 

サービスのご案内

○社内スタッフで利用したい
World Famous Company 会員になり、 「企業価値創造プログラム」をお申込みください。社内で、ユーザー数、回数無制限で、お使いいただけます。


○研修、ワークショップを依頼したい
一般企業様、及びWorld Famous Company 会員様に、講師、ファシリテーターを派遣します。
詳しくは、お問い合わせください

○外部への研修に使いたい
「企業価値創造ゲーム PACIOLI」は、World Famous Company 会員様の中で、外部への研修等に使いたいとご希望の方には、所定の条件を満たすことで、お使いいただくことが可能です。詳しくは、お問い合わせください

 


 

社内スタッフやマネージャーで使用できるプログラム
World Famous® Company 会員 5つのメリット

1. 会員は、2種類のプログラムをご利用いただけます
  1)プログラムⅠ「イノベイティング ダイアログ プログラム」
  2)プログラム Ⅱ 「企業価値創造プログラム」

2. プログラムを社内でご利用回数、ユーザー数の制限なしに3年間ご利用いただけます
継続も可能です

3. プログラムにはプログラムツールが付いています(追加はいくつでも可能です)
  1)プログラムⅠ「イノベイティング ダイアログ ツール akari idea®」(1~3ユニット)
  1ワークプレイス(1ユニット=2名~6名)×3ワークプレイス用
  2)プログラム Ⅱ 「企業価値創造ゲーム PACIOLI®」 (1~6ユニット)
  1グループ(3名)×2グループ用
                 (なお期間終了時には、ご返却いただきます)

4. 安心のサポート体制があります
 1) 3時間のスタッフトレーニングやマネージャー研修が1回無料で受けられます(交通費別途)
 2)無料サポート(メール等)が何回でもご利用いただけます

5. 会員は、当該プログラムの研修、ワークショップ、コンサルティングが割引でご利用いただけます


会員費用

  1. 入会金 300,000
  2.プログラム使用料    (3年間)          (4年目以降)
   1)プログラムⅠ  900,000円(3回分割も可能)    300,000円/年
   2)プログラムⅡ   600,000円(3回分割も可能)     200,000/年
  3. 追加プログラムツール
   1)プログラムⅠ「イノベイティング ダイアログツール akari idea®
                        1ユニット @35,000/年
   2)プログラム Ⅱ「企業価値創造ゲーム PACIOLI®」
                       1ユニット @ 18,000円/年

World Famous® Company 会員の募集は限りがあり、定数に達し次第、締め切りとせざるを得ません。ぜひ、この機会をご活用ください(今なら、お申込み特典もございます)。

 

お気軽にご相談ください
体験をすることもできます

 

弊社ホームページへ https://www.ladea.jp
オーガニゼーションラーニングをサポートして30年

株式会社 ラーニングデザイン・アソシエーション
〒160-0004東京都新宿区四谷1-2-6 アーバンビルサカス5 2A
Phone  03-6273-0680    Fax  03-6273-0685

※なお、2019年4月より、千代田区九段へ移転いたします

 

詳細についてのお問い合わせ、お申込みはこちらから 

詳細についてお問い合わせは、下記のフォームにご記入の上、ご送信ください。

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

貴社名 (必須)

所属部署名 (必須)

役職名

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

どのようにお知りになりましたか?

お問い合わせの内容