「人生の三つの価値 一 態度価値」

三番目の価値、「態度価値」こそ、

フランクフルらしいものだと言える。

自分ではどうしようもない運命、

自分では変えることのできない状況(収容所に強制的に連行される)になったとき、

そこに人生の価値などというものがあるのだろうか?

何か実現すべきことがあると言うのだろうか…?

フランクフルは「ある」と言う。

そのような過酷な運命、状況に

どのような態度で臨むのか、

どのような態度で対応するのか

それが問われている。

自分が対応する態度で実現する価値、

それが、「態度価値」だ。

例え、三つの価値のうちの二つの価値、

創造価値、経験価値を奪われたとしても

人間には、最後まで、

「あなたは、どのような態度で『それ』に対応しますか?」

と問われることがやってくる。

そして、それにどのように答えるかを選択できる。

どんな過酷な状況にあってもなお、

人間には状況をどうとらえるかを選択し、

そこに意味を見出す「自由」がある。

どのような意味を見出すのかが、

あなたが問われていることだとフランクフルは言う…。

「あなたが人生に問う」のではなく、

「あなたが人生に問われている」というのは、

「あなただけが人生に意味と意義を与える自由を持っているのだ」

と言っているのだろう…。