「経営者の言葉」から「新商品は新しい文化」ー日経MJ6000号記念

 流通や小売などの記事を中心とした「日経MJ(旧「日経流通新聞」)」という新聞が、本日6000号を迎えたといことだ。1971年から47年になるのか…。ちょうど「流通革命」が盛んになっっていった頃だろうか…。

さて、本日11月30日付の記念号で、「強く長く生きる条件」として、歴代の経営者の名言が紹介されている。

何気なく、眺めていると、
「ディスコにせよインベーダーゲームにせよ、大衆が受け入れるのはそこに新しい文化の芽があるからで、生きた知恵袋だ」ー中内功(1979年11月8日)という言葉に行き当たった。

中内氏は、現在はイオングループに所属しているダイエーの創業者であった。

ここで、彼は、とても大事なことを言っていると思った。私は、「そうだったのか!」という感じがしたのです…。

「新しい商品は、新しい文化(あるいは、その芽)である」ということだ。
「専門家には当たり前のこと」かもしれないが、少なくとも、私には、気づきがあった。

「新しい商品(イノベイティブな)は、人々の新しい行動様式を生む」
しかも、それは、何か、人々(中内氏の言う「大衆」)が、潜在的に求めているものを指し示している「もの」、「こと」であろう…。

「ポケGO」で、人は、スマホを持って、「何かを探しに街に出た」。
人は、毎食、スマホで写真を撮って、ログを取る。
あるいは、Youtubeを見ながら、奇妙な踊りを一緒に踊ってしまう…。

これらは、「新しい文化」である。
「文化」とは、誰か偉い学者、作家、画家が創造するものだけでなく、その時代の人々が選択していくものだ。

新しい行動の形」と言えるだろう。

こうしてみると、アメリカの大統領選挙にまつわる「トランプ現象」も、政治という文脈だけでなく、古い言葉であるが、「文化」の面から捉えていくことができるのかもしれない。

「世の中に新商品を出していくことは、『新しい文化』を作り出す」ぐらいの気概が求められるということであろう。

ワークショップ2「業務課題の推進と部下のキメ細かな成長支援を両立させることは、難しかった」

リーダーシップ ワークショップ…

ワークショップ3「部門間の意思疎通を良くし、仕事の流れをスムーズにする方法があるとは思わなかった」 

リーダーシップ ワークショップ…

ワークショップ4「M&Aの後に、仕事に対する考え方や行動習慣の違いを知り、課題を解決する機会は無かった」

リーダーシップ ワークショップ…

プログラム D「こうすれば、企業価値ROICが向上する」

ROIC(投資資本利益率)を取…

プログラム C「こうすれば、キャッシュフローが増え、株価が上がる」

在庫を減らしたい 営業パーソン…

プログラム B「こうすれば、販売利益が増える」

売上に対して、利益が少なすぎる…

ワークショップ1「相手の話を聴き、認めることで、今までにない解決の行動案が生まれるという経験をしたことは無かった」

リーダーシップ ワークショップ…

プログラム A「ビジネスが動くと財務三表が変化する」

・企業価値の理解の基礎を形成し…

Ⅰ. 「仕事の悩みを解決する、新しい行動を見つけるのは難しかった」

経営環境の複雑化(VUCA)の…

Ⅱ. 「企業価値の向上と日々の業務をつなげることは、難しかった」

グローバル化、グループ化、ガバ…