流通や小売などの記事を中心とした「日経MJ(旧「日経流通新聞」)」という新聞が、本日6000号を迎えたといことだ。1971年から47年になるのか…。ちょうど「流通革命」が盛んになっっていった頃だろうか…。

さて、本日11月30日付の記念号で、「強く長く生きる条件」として、歴代の経営者の名言が紹介されている。

何気なく、眺めていると、
「ディスコにせよインベーダーゲームにせよ、大衆が受け入れるのはそこに新しい文化の芽があるからで、生きた知恵袋だ」ー中内功(1979年11月8日)という言葉に行き当たった。

中内氏は、現在はイオングループに所属しているダイエーの創業者であった。

ここで、彼は、とても大事なことを言っていると思った。私は、「そうだったのか!」という感じがしたのです…。

「新しい商品は、新しい文化(あるいは、その芽)である」ということだ。
「専門家には当たり前のこと」かもしれないが、少なくとも、私には、気づきがあった。

「新しい商品(イノベイティブな)は、人々の新しい行動様式を生む」
しかも、それは、何か、人々(中内氏の言う「大衆」)が、潜在的に求めているものを指し示している「もの」、「こと」であろう…。

「ポケGO」で、人は、スマホを持って、「何かを探しに街に出た」。
人は、毎食、スマホで写真を撮って、ログを取る。
あるいは、Youtubeを見ながら、奇妙な踊りを一緒に踊ってしまう…。

これらは、「新しい文化」である。
「文化」とは、誰か偉い学者、作家、画家が創造するものだけでなく、その時代の人々が選択していくものだ。

新しい行動の形」と言えるだろう。

こうしてみると、アメリカの大統領選挙にまつわる「トランプ現象」も、政治という文脈だけでなく、古い言葉であるが、「文化」の面から捉えていくことができるのかもしれない。

「世の中に新商品を出していくことは、『新しい文化』を作り出す」ぐらいの気概が求められるということであろう。

保護中: PACIOLI μ PROGRAM VIDEO SAMPLE

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

保護中: テスト

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

保護中: XYZ

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

プレスリリース

2016年12月7日 M&Aの…

企業体質変革・強化サポートレンタルプログラム

「PACIOLI μ」を定期研修ではなく、全社員参加で集中的に企業体質変革するツールとして使いたい。

ビジネスゲーム PACIOLI History

1494年 イタリアの数学者 …

イノベーションリーダーを増やす

組織風土変革、リーダーシップスタイル変化のイノベーション対話プログラム

「PACIOLI μ 経営体質強化・変革セミナー」を開催されませんか?

ビジネスゲーミフィケーションプ…

Q&A 企業価値創造ビジネスボードゲーム PACIOLI μ

企業価値創造ビジネスボードゲー…

加藤弘道プロフィール

加藤弘道プロフィール 劇作家の…