東京ディズニーリゾートは、昨年の大震災で50日も営業を休止した。

しかし、その後、営業の必死の努力などで入園者を大きく挽回したことがわかった。 

昨日、発表された去年10月から今年3月までの入園者の見込みが過去最高になるという。

その数、1400万人を越える。

通年合計でも2500万人を越える見込み。

これも震災前の数字に迫るものだ。

東京ディズニーリゾートの入園者は、平均で1日7万人ほどだ。

50日休業だと、計算上350万人近く減ることになる。

それを考えると驚異的な数字だ。

今年の寒さの中でも、客足が途絶えず、おみやげなどの消費も活発だという。

昨年後半からの消費マインドの回復も大きな力となっている。

各方面で、自粛ムードからの反動消費という流れが強くなっているように思う。