本日、3月14日、アトレ四谷が リニューアル オープン 。

アトレは、JR東日本の首都圏の中規模の駅に展開する商業施設。

四谷の他、恵比寿、目黒など13店舗がある。

同じJR東日本にルミネがある。

こちらは新宿、池袋などのターミナル駅を中心に14店舗。

日本有数のファッションビルとなっている。

アトレ四谷は、アトレの1号店。

今から20年以上前の19990年に開店した。

初めての大きなリニューアルだ。

コンセプトは、「五感で感じる環境空間」

「緑・光・香・音・季」の五感だという。

以前よりも柔らかな印象になる。

合わせてJR四谷駅も「エコな駅(「エコステ」」になった。

「エコステ」とは「省エネ」、「太陽光などの再生可能なエネルギーの導入」、「環境との調和」などをテーマにした新しいタイプの駅。二酸化炭素(CO2)排出量40%の削減を目指す。
LED照明も導入。

昼間の電灯消灯のための採光用天窓ができて、改札口あたりも明るくなった。

駅舎屋上に公園もできた。

通路には、二酸化炭素CO2を吸収するための多くの樹木が置かれる。

アトレの入り口の上あたりにも緑のツタがからまっていたので、「本物ですか」と尋ねたら

「本物です」という答えだった。

壁面の素材も「ウッド」感覚が多くなった。

日々利用する駅や商業施設が「ナチュラル」な感じになるのは、やはり快適だ。

JRでは、四谷駅をモデルとして、こうした「エコステ」を今後も増やしていくようだ。