雑誌「日経トレンディ」が、「今年のヒット商品30」を発表した。

1位・・・  「東京スカイツリー」

2位・・・  「LINE」

3位・・・  「LCC(格安航空)」

そして4位は、「マルちゃん正麺(せいめん)」。

役所広司のCM「妻が別人」でも話題だ。

5年かけて開発した新しい製法で、乾燥麺でありながら、生麺の味と食感が楽しめる。

「袋麺」の概念を超えたという感じがした。

マルちゃんの東洋水産は、当初の年間販売目標100億円を倍の200億円に修正。

大ヒット中だ。

「カップ麺」に押されていた「袋麺」市場も一気に活性化してきた。

多人数分が一度に調理できたり、いろいろな野菜を加えたりできる「袋麺」の良さも見直されている。

来年60周年を迎える東洋水産は、東京の築地市場の水産会社だった。

会社設立から10年ほどして、インスタントラーメンの製造を始めた。

現在では、日清食品に次いで業界2位だ。

海外進出も早く、米国では、シェア65%、メキシコでは、シェア85%!を占めている。

身近な業界だが、一つの企業の生産と販売のイノベーションによって活性化している。