WACC、「ワック」と読むこともある。

ファイナンスの基本概念の一つ。

「WA」とは、ウエイテッドアベレッジ。

加重平均。

「CC」は、キャピタルコスト。

資本コスト。

重要なのは、この「資本コスト」という概念だ。

「資本コスト」は、資本市場、株式市場を意識したコストだ。

実際には、負債のように企業がコスト(利息)をキャッシュで支払うわけではない。

理論値であり、仮想値であると言える。

株主の「期待」を数値化したものだ。

株主の期待とは、総合的な利回りだ。

株主の負担する「リスクも考慮せよ」。

「期待以上に利益を上げよ」という要望でもある。

だから「無リスク」である国債などをベースにする。

その上で「ある企業への株式投資」というリスクも数値化する。

資本市場(株式市場)の論理と企業経営の論理が結びつくところだ。

資本と経営が分離していない中小企業では、ほとんど意識されない。

しかし、株式公開企業では、社内投資のハードルとなる。

株式市場と接する財務部は、市場の要求である資本コストを社内の各層の投資基準として広めていかなければならない。