京都には、有名な「三十三間堂」がある。

国宝でもある。

2012年のNHK大河ドラマの主役でもある平清盛が、後白河上皇のために資材を提供したという。



「三十三間堂」の「三十三」とは、建物の構造によって名づけられているが、もともと観音様に由来している。


観音様は、観自在菩薩という名で「般若心経」にも出てくるが、多くの人を救うために33種の姿になって人の前に現れるやさしい菩薩だ。


我々も知らずに「観音様」に会っているのかもしれない。

今年、出会った人の中に、もしかしたら、観音様がいらしたのかもしれない。

来年、会う人の中にも・・・。


いや、今日会う人もそうかもしれない。


「観音」とは、人のことなのだ。


33の姿で現れるということは、人生の中で、33の出会いがあるのかもしれない。

33の出会いが人生を変える・・・。



年を重ねてくると、「観音」に会うということを心がけるより、

自分が誰かにとって、役に立つ存在でありたい、

「良い出会いだった」と思われるような出会いにしたい、

ということを思うようになった。


またその責任を感じる・・・。


では、

皆様 良いお年を

また 来年も良い出会いがありますように