「心中に常に喜神(きしん)を含む」という言葉がある。

「喜神」とは、いい言葉だ。

人生の旅路において、いろいろと自分の思い通りに行かないことも多い。

思い通りに行ったら、かえっておかしいが・・・。

どんなときでも、こころの奥深くに静かな喜びを持っていたい。

「面白さ」

「不思議さ」

を感じていたい。

「鳥は、命の喜びに溢れて(黙っていられずに)歌う」

「万物の霊長」である人間が、生命の喜びをかみしめない、というのは畏れ多い。

生きている人間もまた、素直に、「いのちの有難さ」、「いのちの奇跡」を寿ぎ、

味わいたい。

「喜神を含んで」仕事にあたる時に、「喜働(きどう)」になる。

楽しく仕事をする。

喜んで仕事をする。

人生が楽しくなる。