リーダーに必要なコンセプチュアル・スキル  第8項目

「国際的な経験があるか

または

他国やその文化に対する理解」

外国語ができるというよりも(もちろんそれも必要だが)、国際的な経験があることは貴重だ。

国際的な経験は、自分の属している文化の特殊性と普遍性を教えてくれる。

物事の善悪の判断を下す「価値観」。

この価値観は、個人的な傾向もあるが、大枠は、文化の枠組み(規範)に基づいていることが多い。

国際的な経験は、相手を知るとともに、自分の拠って立つ文化を知ることにもなる。

自分と相手との間で、相互に理解できる新たな「場」をつくる必要に迫られることになるかもしれない。

これまでの自分の価値観から一度、離れ、相手の価値観も理解したうえでの、もう一段、成長した価値観を身につける経験となる。

リーダーは、多様な価値観の人に向き合いながら、よりわかりやすく、より説得力のある話を展開する必要がある。

「国際的な経験、他国やその文化に対する理解」が、リーダーの条件として必要なところだ。