ポーターは、多数乱戦の業界に対しての対処法を9個挙げている。

対処法 その9/9

「川上に向かっての垂直統合」だ。

川上とは、自社のサプライヤー、供給業者だ。

ここでは、メーカーをイメージする。

川上の企業と統合することでコストを下げ、競争相手に圧力をかけることができる。

生産手段を持つからだ。

川上の垂直統合のメリットはコスト低減だけではない。

ポーターは、もう二つ挙げている(第14章)。

1)社外に情報がもれない

 新商品の企画やノウハウなどが社外に漏れる恐れが少なくなる

2)差別化しやすい

 自社だけが入手できる原材料を使うなどすることで、差別化をしやすくなる

現在、流通大手などは、PB(プライベートブランド)に力を入れている。

多くは、メーカーへの生産委託だが、中には、メーカーとの統合を図る例もある。

流通大手では、その製品単品で利益を出すのではなく、目玉商品と位置づけ、

来店を促し、他の商品との買い合わせで利益を確保することができる。

コンビニの食パンの例などがある。

川上に向かっての統合は(別のリスクがあるとしても)、多数乱戦業界での対処法としては強力な手段だ。