新年にあたって、多くの人が新たな望み、新たな企画、新しい自分への夢を思う。

これは、言わば、人それぞれの「ビジョン」ということができる。

「ビジョン実現のためのBE,DO, HAVE」というものがある。

ビジョン実現のための順序といってもいい。

ビジョン実現のための心の内面的なものを重視したものだ。

BE (ビー)というのは、「である」ということだ。

まず、外面的な状況はどうであれ、心の中でビジョンが実現した「状態」になってしまう。

態度と行動を未来に引き上げる。

その態度と状態「BE」が、自然に行動「DO」を生み出す。

現実や環境への多くの働きかけ「DO」が、成果をもたらす。

成果を持つ「HAVE」ことになる。

行動「DO」によって、今や現実に手にした「HAVE」ものこそ,

先に心の中で、「BE」として感じていた現実だ。

IBMという大企業を育てたトーマス・ワトソン。

小さな企業であった時から大企業である「BE」として行動していた。

その結果として、IBMが大きな企業になることができた。

ともすると、先に「DO(行動)」や「HAVE(成果)」を追い求めることが始めることが多い。

しかし、心の中で、心の状態として、新しい自分であることを「想像力」において実現することが

遠回りのようでいて、案外、近道ではないかと思う。

まず 「BE」であれ。

しかる後、「DO」。 

そして「HAVE」.。

「ビジョン」は、いつの間にか達成されている・・・。