先週の金曜日16日に発売になったアップルの新iPad。

4日間で300万台が売れたという。

電子部品メーカーの収益は、アップル製品に採用されるかどうかで大きく変わる。

株価も「アップルに採用されているらしい」という噂でも大きく動く・・・。

電子専門企業が、今度のiPadを分解してみたら、韓国のサムスン電機のディスプレイや東芝の半導体などが

使われていたという。

改めて考えてみると、「アップルの部品」というのは無い。

アップルは、製品のコンセプトを作っている。

部品は、他のメーカーから調達している。

時価総額が、トヨタの4倍の47兆円に跳ね上がっているアップル。

巨大企業になった。

ここまで大きくなったのは、創立者スティーブ・ジョブスのビジョンだったと改めて思う。

彼は、技術者というよりも「ビジョン・メーカー」だった。

「テクノロジー(技術)を人間のために」というビジョンは一貫していた。

初めにMACというパソコンを作った時も、

「人間がコンピュータの奴隷になるべきではなく、コンピュータは、人間の自由のために使うものだ」

というビジョンを訴えた。

学生時代から「カリグラフィ(装飾文字)」に熱中していたジョブスは、生涯一貫して、テクノロジーを人間のための「美」という価値に包んていったと言える。

パナソニックやシャープなど日本の電機各社の苦境が伝えられるが、より人間的な価値、より高度な価値をビジョンに掲げ、実現していく企業であってほしい。