現代では、たくさんのイメージや映像が溢れている。

イメージや映像でなんとなくわかったような気がするときもある。

しかし、心の奥深くまで届く言葉も大切だ。

人間にとって、言葉の力は、やはり大きい。

ひとつの言葉を胸に困難に立ち向かえる時もある。

ひとつの言葉で、安らぎが与えられるときもある。

「愛語」という言葉がある。

「思いやりのある言葉」という意味なのだろう。

道元に「愛語よく廻天(かいてん)の力あり」という言葉があった。

思いやりのある言葉は、人のこころの奥まで到達して、それが天を動かすような力をもたらす。

言葉を愛し、また愛ある言葉、思いやりのある言葉を発するようにしなければならないと思う。