今春入社の新入社員。

入社して半年近くが経った。

職場に配属されて数ヶ月、徐々に学生の意識から社会人としての意識へと変わっている。

また、ビジネスに対する現実的な問題意識も芽生えている。

先日、弊社で受託している研修を実施させていただいた。

参加者は、ほぼ全員が修士号以上を持っている技術系の新入社員数十名。

これまで、まったくなじみのなかった「企業と経理のしくみ」について、「パチオリ」プログラムによって、お金の流れを目に見、手を動かしながら体験した。

一日で、一気に、「企業と経理のしくみ」の理解について、自信を持っていただいたようだ。

およそ半年振りに再会した同期生。

グループでのゲーム・シミュレーションのセッションは、さらに盛り上がる。

しかし、最後に「クールダウン」をする時間が必要だ。

体験を「言語化」する。

「人に語れるように」、また、自分の記憶として、「ことば」にするプロセスだ。

参加者の発表の中で、いくつかの素晴しい「ことば」を聞くことができた。

・「会社というものの『深遠(しんえん)』を理解するには、お金の流れを理解することが必要だ」

・「会社というものを理解する中で、『自分の付加価値をどれだけ上げていけるか』を課題としていくことを、グループ全員で誓った…」

感銘を受けた。

疲れが吹き飛ぶような感じだった…。