「マグネシウム電池」が、クリーンで安価なリサイクル・エネルギーの可能性があるとして大きな話題になっている。

先週、マグネシウム電池を積んだ東北大学の小浜泰昭教授の電動3輪車が、公道を100キロ走行することに成功した。

マグネシウムに塩水を入れると発電するのだ。

マグネシウム電池は、リチウムイオン電池の約5倍の性能、

コストも半額程度になるようだ。

マグネシウム、Mgは、希少金属(レアメタル)ではなく、地球上に無尽蔵にある。

海水中には、ナトリウムに次いで2番目に多く存在し、砂漠にもたくさんある。

しかし、マグネシウムの難点は、燃えやすいことだった。

産総研が研究して、燃えにくいマグネシウム合金を開発した。

共同研究には電池に実績のある古河電池も参加した(このニュースが流れてから、株価も上昇しているようだ…)。

さらに、驚くべきは、使用済みのマグネシウムが、太陽の光エネルギーで再生してしまうということだ。

電気を出して、酸素とくっついてしまったマグネシウム。

太陽光を集めて、高温で熱すると、また元のマグネシウムとして使える。

このプロジェクトをリードしている小浜教授。

次世代の超クリーンエネルギー社会を実現するという大きな夢を描いている。

海水と太陽で、無尽蔵で、クリーンなエネルギーを作れる可能性というのは素晴しい。

科学の限界も、ふとしたことで、超えてしまうということもある。

実現が期待される。