「アベノミクス」=「アベ」+「エコノミクス」。

「安倍の経済学」の効果は、大きい。

「景気」とは、周囲に立ち上る「気」だ。

「気」という字には、もともと「米」という字が入っていた。

「米」を炊くときに立ち上る蒸気を表してたのだろうか…?

ぐつぐつと米が炊き上がるおいしそうな音とかすかなにおいが、周囲に広がる…。

安倍政権ができて、まだ数ヶ月だが、「景色」は、すっかり変わった。

ちょろうどアメリカの「シェールガス革命」によって、ドルが見直され、

過剰な円高が見直され、円安傾向になってきた。

物事をなすは、タイミングだ。

大地震や原発事故、円高、消費税増税、中国との関係の悪化など負の部分は、

すべて前の民主党政権に負うてもらうことができた。

捲土重来の安倍政権は、前向きで明るい未来へ向かって進むことができる。

日本の歴史的タイミングである。

経済は、つまり、「人の心の動きの反映」であることがこの数ヶ月のマインドの変化がもたらす影響でよくわかる…。