アップルが10年ぶりに減益決算となり、一時の成長力が落ちてきたことを示した。

アップルが切り開いてきた二つの製品市場で、他社からの攻勢に受身になってしまっている。

「iPhone(アイフォーン)」は、グーグルの基本ソフト「アンドロイド」を搭載したサムスンなどの端末に押されている。

タブレット端末「iPad(アイパッド)」も他社の低価格、小型モデルの攻勢に晒されている。

アップルに期待されるのは、新たな製品市場の開拓だ

その有力候補が「身につける端末」「ウエラブル端末」の市場。

アップルは、腕時計型のスマートウォッチ「iWatch」を開発中と噂されている。

OSは、iPhoneやiPadと同じ「iOS」が搭載される見込みだ。

基本は腕時計型のアイフォンだろうが、何か面白い機能があるのか?

デザインもアップルらしい洗練されたものになるのか、楽しみだ。

グーグルも今年中にはメガネ型端末の「Glass」の販売を本格化しそうだ。

いよいよ「ウェアラブル端末」の時代が到来しそうだ。

昔のSF映画で見たような世界がどんどん現実化されてきている…。