オーケストラは、誇り高いプロの集団だ。

音楽について、自分の楽器について、自分のパートについて、作品について、作曲家について、一人ひとりがプロフェショナルとして「一家言」を持っている。

しかし、それぞれが、勝手に主張しあえば、それは、単なる「雑音」になってしまう。

「最高の音楽」、「最高のハーモニー」という成果を引き出すにはどうしたらいいのだろうか?

リーダーとしてのオーケストラの指揮者は、「何を」、「どのように」、できるだろうか?

イスラエルの指揮者であり、コンサルタントでもあるイタイ・タルガムが「TED」(超一流講師による無料プレゼンテーションサイト)で、プレゼンテーションを行っている。

ここに登場するのは、5人の有名な指揮者だ。

1.カルロス・クライバー

2.リッカルド・ムーティー

3.リヒャルト・シュトラウス

4.ヘルベルト・フォン・カラヤン

5.バーンスタイン

軽やかに踊るように指揮をするカルロス・クライバー。

円熟の境地のバーンスタインは、「弓の達人は、飛ぶ鳥を落とすのに弓はいらない」という言葉を思い出させる。

演奏家をパートナーとして扱い、プロセスと「場」をつくる。

それぞれの演奏家の「ストーリー」、それぞれの楽器の「ストーリー」、多くの「ストーリー」を、指揮者は、「一つのストーリー」に紡いでいぐ・・・。

知的なプロフェッショナル集団のリーダーには、きっと参考になるだろう。

(約20分。日本語字幕つき)
http://www.ted.com/talks/itay_talgam_lead_like_the_great_conductors.html