「リーダーシップは賢さに支えられるものではない」

「リーダーシップは一貫性に支えられるものである」

とドラッカーは言う。

リーダーに「賢さ」よりも「一貫性」が求められる。

「愚直」であってもいいのだ。

「筋」が通っていること。

「ブレない」ことが求められる。

どうも言うことが、その場、その場で変わる….

どうも言っていることとやっていることが異なる…。

そんなことをたびたび感じると、その人に「ついて」行きたくなくなる…。

ついて行くことに、どうも確信がもてない。

その人が信用できなくなる。

ドラッカーは再び言う。

「リーダーの要件は、信頼が得られることである」

「信頼が得られない限り、従う者はいない」

「そもそもリーダーに関する唯一の定義は、つき従う者がいるということである」

「一貫性」

リーダーには、状況が変化しても、根本において変わらない言葉と行動が求められる。

それは、「誠意」とも呼ばれるものだろう…。