「鬼手仏心(きしゅぶっしん)」という言葉がある。

文字通り、「鬼の手のようであるが、仏の心を持っている」という意味だ。

外科医が手術をする時、患者の体を切り開く。

その様は、鬼のように残酷に見える。

しかし、執刀するその心には、患者を救いたいという仏のような慈悲心がある…。


「鬼」には、「鬼才」のように「人並みはずれて優れた」という意味もある。

また「鬼」という語には、「優れた技術」という意味も感じる。

「迷いがない」、「断行する」という感じもあるように思う。

プロフェッショナルとしての高い技術と、あくまで「人のため」を思う慈悲に溢れた心。

「鬼手仏心」。

優れた技術があっても、人間性を尊重した「仏心」に基づいているものであるのか、常に確認したい…。