仕事に「強い使命感」を持って取り組めるということは、大変素晴しいことだ。

「~しなければならない」という強い思いを持って取り組む。

「使命感」を持って仕事に取り組めるかどうかで、当然、業績に大きな差が生まれる。

「使命感」があるから、いろいろと工夫もする。

何よりも、多少のことでは「へこたれ」ない。

打たれてもまた立ち上がる。

「使命感」は、その原動力となる。

高い業績を上げ続けている人は、この「強い使命感」を持っているという調査結果がある。

しかし、「強い使命感」が、「最初から」あったわけではなかったのだ・・・。

「強い使命感」を得たのは、実は、仕事を続けてきた結果である。

仕事に打ち込んで、次第に面白さがわかる。

何よりも顧客に喜んでもらえる。

顧客から感謝される。

そうした中で、仕事の深い「意味」を知り、その仕事に「強い使命感」を持つようになる。

真摯な取り組みを続ける。

   ↓

続けることで「使命感」を得る。

   ↓

「使命感」を得ることで、さらに長い取り組みを続けることができる。

最初から「強い使命感」を持つ「スーパーマン」がいたわけではない。

粘り強く継続して取り組んだ人が、「強い使命感」を持つ(スーパーマンになる)のだ・・・。