最近、「賢い女性が二人いると会社は伸びる」という本を出版したコンサルタントの中神公子さん。

25年間で3,000社以上を指導してきたという…。

中神さんが、会社における女性の「育て方」について、提案している(雑誌「致知」9月号)。

「賢い女性」の三つの特徴。

1.「ハイ」と言って行動に移すことができる素直さ。

2.自分の立場・役割を理解して行動でき、人の批判をしない。

3.物事を前向きに考えることができる。

こうした「賢い女性」を育てるには、女性の本質を知る必要がある。

中神さんは、女性の本質を、「女の子の絵」から解き明かす。

典型的な「女の子の絵」は、自分を中心にお花畑、蝶々、小さな家、子犬などが描かれることが多い。

(一方、男の子の絵は、自分は描かれず、「ロボット」など自分が興味を持っているものが描かれる)。

こうした絵から、女の子(女性)の「自分中心性」、「環境への注意」、「安全、安心」、「友人との関係」がよく窺われるという。

女性の特質を踏まえて、正しいトレーニングをしていけば、「賢い女性」になれる。

ただ、「賢い女性」が一人だと、仕事が集中してきて、負担に耐え切れなくなってしまう。

10名から30名くらいの会社に、二人の「賢い女性」がいれば、慰めあったり、共感したりして、頑張ることができるのだそうだ…。

「賢い女性」の三つの特徴は、女性だけに限らず、男性もまたそうありたい姿だ。