ピーター・ドラッカーの有名な言葉。

「マーケティングは、販売を不要にする」

マーケティングの狙いは、

顧客を知りつくし、

理解しつくして、

製品やサービスが顧客にぴったりと合うものになり、

ひとりでに売れるようにすることだ。

マーケティングの成果とは、

「買う気になった顧客」であるべきだ。

そうなれば、あとは製品やサービスを用意するだけでよい。

(ドラッカー「マネジメント」)

マーケティングとは、販売の前の「下準備」のこととも言える。

「下準備」がよいほど、販売には何の努力もいらない。

顧客を知りつくし、

顧客にピッタリと合うものを

提示すればよい。

製品やサービスの設計や企画の段階こそ、

マーケティングの役割だ。

マーケティングは、販売よりはるか前に始まっている。

そして、マーケティングは、販売部門、営業部門の活動だけではなく、全社的な活動ということになる。