「マーケティングのSTP」… P ポジショニング

ポジショニングとは「位置づけ」。

そのためには、「立ち位置」を決める必要がある。

セグメンテーションとターゲティングを終えて、

見込み客に次のように言うことができる。

「あなたが私たちにとって最良のお客様であることが判明しました」

「私たちこそ、あなたに最高の貢献ができます」

顧客

「・・・・」

「だから?」

「そもそもあなたは誰なの?」

セグメンテーション、ターゲティングしたとしても、

まだ顧客の心をつかんでいるわけではない。

顧客の側に、

あなた(とあなたの製品やサービス)が、「輝く存在」として表れなければならない。

顧客の心の中に、しっかりと存在しなければならない。

顧客の心の中にしっかりと存在させること、それがポジショニングだ。

「ポジショニングは製品から始まる。

しかし、ポジショニングは製品に対して行うものではない。

見込み客のマインドに対して行うものである。

つまり、見込み客のマインド内に製品をポジショニングするのである」

(ポジショニングを最初に提唱したアル・ライズ、ジャック・トラウト)

そのためには、自社の製品やサービスを競合他社の製品の中で、「際立たせ」る。

「位置づけ」る。

「何かと同じ仲間ではある」が、

「何かとは、決定的に異なる」

他に類のない独自の製品なのだ

と位置付けられること。

それが、ポジショニングだ。