昨日、2月19日ののGoogleロゴは、

ニコラウス・コペルニクス生誕540周年を記念した

天体の運動をイメージしたロゴだった。

このような天体の動きを

古代ギリシア人が歯車で再現していた。

それが

「アンティキティラ島の機械」だ。

先日、B/SのNHK TVでも紹介されていた。

この機械は、2千年間、

ギリシアの西のイオニア海に沈んでいた。

100年前にようやく海から引き上げられた。

数十年先の日食、月食の位置、

角度、明るさ?なども予測する機械らしい(まだ、国際チームが謎の解明をしている)。

「古代の(アナログ)コンピューター」と言う人もいる。

「アリストテレス」をひも解いていて(ブログで連載中)、

「人類最高度の知性」、

アリストテレスには、驚いかされていたが、

古代ギリシア人の智恵の深さには、限りがない…。