EUの危機が続いている。

本日にも独仏首脳が共同提案で、EU条約の改正案を提出の見込みだ。

通貨が一つであるのに、財政政策が個々の国でバラバラである矛盾をどう克服するのか。注目されていた。

ギリシアだけでなくドイツにさえ「脱退」のウワサも取り沙汰されていた。

どうやら独仏は踏みとどまり、さらに統合の度合いを前進させることで、危機を克服するという意思を

明らかにする。

欧州の智慧、叡智が問われる試練の時が続いている。