ユーラシアグループというシンクタンクが、毎年、世界の政治リスクを発表している。

「的中率」が高いと評判だ。

政治のリスクは、経済のリスクに大きな影響を与えている。

2011年から「Gゼロ G-zero」が最大のリスクとして発表されている。

2012年もやはり、第二位になっている(第一位は、「9.11時代の終わり」)。

世界のリーダーが見あたらず、多極化、無極化していることを表わしている。

思い返してみると、「G7」(先進7カ国蔵相会議)と言われたのは久しい。

1998年からロシアを加えた「G8」になった。

さらに成長著しい国々を加えた「G20」になった。

台頭する国々の意見を加えなければ、なかなか決められなくなっている。

アメリカやユーロ圏の世界への影響力もますます後退している。

そういう意味では、リーダー無き時代「Gゼロ]が続くだろう。

アメリカと中国で決める「G2」になると予想する向きもあるが・・・。

大きく変わる世界情勢の中で、日本の針路も難しい。