「コミュニケーションでは『文のくくり方』で現実が変わってしまう」

これが、コミュニケーションの第三公理だ。

具体的にはどういうことか?

「夫婦喧嘩」の例で見てみる。

夫「お前が小言を言うから、引っ込むんだ」

妻「あなたが引っ込むから、小言を言うんでしょ」

相互のコミュニケーションの中で、
このように際限なく続くものがある。

「そっちが先に○○をした」

「だから××になった」

「いいえ、そっちが先に××をした」

「だから○○になった」

このように、コミュニケーションのどこからどこまでで「句読点」を打つかで、
現実が変わってしまう。

夫から見れば、「妻が小言を言うので、引っ込む」というように現実をくくっている。
妻の方は、「夫が引っ込むので、小言を言わざるをえない」というように現実をくくっている。

コミュニケーションの中では「文のくくり方」で、意味が変わってしまう。