上司とは、一般に組織で自分の上に位置する人だ。

部下は、指示を受け、実行し、報告する義務がある。

しかし、あるグローバル企業でのモットーは、「上司(ボス)は顧客」。

この言葉の徹底によって、厳しい経営状況から息を吹き返した。

「上司」とは、組織の中であるはず。

しかし、よく考えてみれば、本当の上司は、社外の「顧客」であるという認識だ。

組織は、社会の中にある。

そして、社会の具体的な形が顧客だ。

ドラッカーは厳しく断定している。

「顧客が価値を認めなければ企業は存続を許されない」

「上司は顧客だ」という認識は、経営とマーケティングの基本理念になるだろう。