「宅急便」という新市場、新サービスを開発したヤマト運輸。

「クール宅急便」などの新サービスも次々に開発してきたイノベーション・カンパニーだ。

ヤマト運輸が新しいサービスを開発する時の基準がある。

その基準をクリアできなければ、開発は先に進めない。

「世のため人のためになるかどうか?」

「自分たちの利益を優先して考えていないか?」

(先に自分たちの利益を考えていたならそれはうまくいかない)

これは、ヤマト運輸が自身の歴史から学び、築いてきた基準だ。

「宅急便」を始めたとき、まず人々に喜んでもらう、「素晴しいサービスだ」と言われることが

市場を開拓するために必要だった。

「まず喜んでいただく」

そして、利益は後からついてくる。

経理会計では、必要利益を実現する利益計画を先行して作ることが普通だ。

しかし、事業としては、まずお客様の喜びを計画し、結果として利益を享けるということが王道だ。