英国のファッションブランド 「Superdry 極度乾燥(しなさい)」が世界70カ国あまりで快進撃中だ。

「妙な日本語」と「アメリカ風のヴィンテージファッション」をスタイリッシュに組み合わせている。

「会員証な」、「堅い天候会社」、「白馬車ソフト業務用」などの「妙な日本語」が、Tシャツやカバンなどに大胆にデザインされている。

日本人では、決して思いつかないようなデザインだ。

創業者は、日本に旅行したときに、インスピレーションを感じたという。

ベッカムなどが着て流行になり、株式公開もして急成長中だ。

本国の英国でも世界でも、「Superdry 極度乾燥(しなさい)」は、日本のブランドだと思われているところが面白い。

「クール ジャパン」の代表ともされている・・・。

漢字ばかりでなく「ひらがな」も混じっているとオシャレに感じるのだろうか・・・?

日本の「良さ」を引き出すのは、文化の中にいる日本人ではなく、外にいる人たちなのかもしれない。

外からの「眼」は、新鮮だ・・・。