「ネジザウルス」は、頭がつぶれたネジを簡単に回せる工具(実際には、鋭い歯でガッチリ掴んで回す)。

すでにホームセンターなどで100万本の販売実績がある。

このヒット商品を開発したのは、エンジニアという従業員30人ほどのファブレス(製造外注)の工具会社。

高崎社長は、「ネジザウルス」が成功するまで、20年間に800点の商品を世に送り出してきた。

数々の失敗と成功の経験の中で、「ヒット商品の法則」も見つけたという。

それが、高崎社長の「MPDP]理論。

MPDPとは、

M マーケティング

P パテント

D デザイン

P プロモーション

これは、次のような4つの問いかけになる。

1.マーケティング →「ニーズがあるか?」

   ↓

2.パテント      →「長続きするか?」

   ↓

3.デザイン     →「感性に訴えているか?」

   ↓

4.プロモーション →「営業戦略があるか?」

高崎社長は、この4つの要素が一つでも欠けるとヒット商品にならないという。

中小のモノづくり企業で弱いのは、やはり1のマーケティングと4の営業戦略だろうか?

高崎社長の会社では、「ネジザウルス」のキャラクターをつくり、社長自らそのカブリモノに入り、

社員でテーマソングを作るなど、コストをかけずにプロモーションしている。

社員と一体となっての執念、集中という第5の隠れた要素が、ヒット商品を支えている…。