ヤフーとアスクルという異色の組み合わせ。

アスクルは、プラスという文房具の会社を母体にしてできた会社だ。

主に中小企業の事業所向けに、事務用品などを「明日来る」というスピードで配送している。

今年4月にヤフーがアスクルの株の42%を得て、筆頭株主となった。

アスクルの持っている強みは、

①品揃え(文房具など)

②価格(メーカーとの直接取引)

③物流(全国6ヵ所の物流拠点)

ヤフーが持っている強みは、

①知名度

②集客力(検索エンジンの利用者)

③決済機能(カードなど)

ネットショップとしては、アマゾンや楽天に差を広げられているヤフー。

成長が頭打ちとなっているアスクル。

両者が組んだ個人向けネット通販「ロハコ」が11月20日から本格稼動した。

5年後に売上高5000億円を目指す大きなビジネスだ。

流通各社もネット通販に本格的に力を入れてきたが、「ロハコ」は、どこまで、消費者の心を掴むことができるだろうか…。