昨日17日の日経新聞朝刊に「アップル」の強さを表わすものとして「CCC(シーシーシー)」という指標が紹介されていた。アップルは、あの「iphone」「ipad」のアップル。

ここでの「CCC」は、「カルチャー コンビニエンス クラブ」 ではなく、「キャッシュ コンバージョン サイクル」の略。詳しくは省くが、「現金を回収するスピード」を意味する。

日本のパナソニックやソニーは、この「CCC」が、製造から40日後であるのに対して、アップルは、製造前20日になる。お金が入ってから造るということになる。

アップルは、沢山の現金を保有している。

昨年夏、「アップルは、アメリカ政府よりたくさんの現金(約7兆円だったが)。を持っている」と報道されたほど・・・。

日本のものづくりも製造、生産だけでは太刀打ちできない。

キャッシュフローをベースにした新しいビジネスモデルを作り上げないと競争力、利益力が落ちていく。

手前味噌だが、今回新しくリリースしている「パチオリ」の「ビジネスボード」は、キャッシュフローベースでビジネスモデルを分析、検討できるビジネスツール。

ぜひ、ご活用いただきたい。

※最初の配信で、文中「製造前40日」となっていましたが、「20日」に訂正いたします。失礼しました。