先日、マクドナルドの原田社長とユニクロの柳井社長の対談の記事を目にした。

その中で、原田社長の「ハンバーガーも『熱意』がなければ売れない」という言葉にはちょっと驚いた。

もちろん、ユニクロの柳井社長も「ユニクロの商品もそうだ」と全面的に賛成していた。

マクドナルドのハンバーガーのように規格化、マニュアル化されたモノとビジネスにおいても、やはり

最後は、「情熱」であり、「熱意」だったのだと改めて思った。

「情熱」「熱意」が、人を動かす。

「情熱、熱意を持っている」「打ち込んでやっている」ということが、心を動かす。

熱意が、人の注意、注目を呼び寄せる。