経営計画をたてること、経営を計画するということは、

経営をコントロールすることだ。

人は、よく知っている物事については、詳細な計画をたてることができる。

よく知らないものについては、詳細な計画をたてることはできない。

計画の構成要素とそれぞれの関連性をよく理解する必要がある

(パチオリの経営計画では、その関連性は、「見てわかる」形になっている)。

経営をコントロールするには、もう一つ大事なことがある。

それは、経営をコントロールしようという意思だ。

そこに計画と予測の違いがある。

計画の前提となる具体的な条件が、実際には異なってくるのは当然のことだ。

しかし、それでも、否、それだからこそ、計画の目標である「ミッション」を達成しようという意思が

重要になる。

計画は、「予測」ではなく、「こうしよう」という意思の表明だ。