ラーニングデザインの第一歩は、「全体像を把握する」ことだ。

対象の全体像を把握しようとすること。

「見取り図」であり、「マップ」である。

樹の「枝葉」でなく、「幹」であり、さらに樹が生息する「森」である

(「樹を見て森を見ず」にならないように)。

「モレなく、ダブリなく」対象を見るが、その範囲が大事だ。

どこまでを範囲とするのか?

全体像とそれを取り巻く「環境」を区別する。

(「システム」と「環境」とも言える)

「図」と「地」の区別と言ってもいい。

全体像を把握するためには、

①「表面的」ではなく→「本質的」に、

②「近視眼」ではなく→「大局的」に、

③「短期的」ではなく→「長期的」に、

対象を把握しなければならない。

これは、「意思決定の三原則」と同じものになる。

全体像は、言葉で描ききれない場合が多く、「絵」になることが多い。言葉で描くとすれば、「例えば・・・」などの「メタファー」になるだろう。

ラーニングデザインの第一歩は全体像を掴むことだ。