オーストラリアの看護師さんが、多くの人が人生を振り返って述べる「後悔」に共通性があることに気づき、「人生最後の5つの後悔」としてまとめた。


1.「自分自身に忠実に生きれば良かった」

2.「あんなに一生懸命働かなくても良かった」(男性に多し)
3.「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」
4.「友人関係をもっと大切にしていれば良かった」
5.「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」


これらの「後悔」を防ぐ処方箋は、単純だ。

これらの逆である。


1.自分自身に忠実に生きる

2.仕事に過度に時間を費やさない

3.自分の気持ちを表現する勇気を持つ

4.友人関係を大切にする

5.自分自身をもっと幸せにする


5つの中でも最後の項目にちょっとドキッとする。

自分を幸せにするのは、自分なのだと、改めて思う。