同じ景色を見ても、人によって見るものはさまざまだ。

花を見る人、空を見る人、人を見る人。

興味や関心によって、見えているもの、見ているものは異なる。

日常生活の中で、「何を見るか?」は、無意識に自分が決めている。

興味を持っているものにひきつけられ、自分が見たいものを見ている。

見たくないものは見ていない。

自分が、何に焦点を合わせているか?

何にフォーカス(focus)しているか?

を振り返ってみる。

悲惨に焦点を合わせれば、悲惨を見る。

幸福に焦点を合わせれば、幸福を見る。

見たものによって、感情が生まれる。

マイナス面にばかりに焦点をあてれば、気分は落ち込む。

プラス面だけをみれば、気分は沸き立つ。

感情をコントロールするのは、難しいが、何を見るか、フォーカスするものを変える、ことは自分次第でできる。