ビジョンは、会社の財産、資産だ。

会社に成長をもたらす見えない装置。

ビジョンがある会社は豊かであり、ない会社は貧しい。

前者は豊かになり、後者は貧しくなる。
ビジョンは目指すべき土地を示す。

人間は、具体的にありありと思い浮かべられた「イメージ」に惹きつけられる。

もし、その中に自分自身も映っているイメージなら、より一層惹きつけられる。

ビジョンは、組織で共有された将来のイメージ。

そのイメージが一人ひとりのこころの中まで浸透すると、組織の強力な力となる。

人は、未来が見えないと絶望の淵に落ち込む。どうしても「未来」を持ちたいと思う。

未来の姿を見せるビジョンは、現在の仕事の「意味」も明らかにしてくれる。
現在の仕事の意味づけをしてくれるのもビジョンだ。

ビジョンは希望でもある。

将来に希望があれば、感情が動き、自ずと行動が生まれる。

ビジョンは、組織に関わる人々に、希望、意味、力、未来、をもたらす見えない資産だ。