・「私の人生に何の意味があるのだろう…?」

・「私には生きる意味がない」

・「私なんか、いてもいなくても同じ…」

と悩む人も多い。

まだ、誰でもそんなことを考えてしまう時もある。

これは、人生に対して、「意味を教えてほしい」という問いかけでもある。

この問いかけを180度逆転してしまった人がいる。

ナチスの収容所から帰還した心理学者のフランクフルだ。

「夜と霧」という本を著した。

この本には、「恐ろしい収容所でみた恐ろしい人間たちの姿」ではなく、

「恐ろしい場所」で、「尊厳を持って生きた人々」の記録が書きとめられている。

フランクフル自身もそのひとりだ。

フランクフルがこうした体験を経て180度変えてしまったこととは?

実は、あなたが「人生に問いかけている」のではない。

あなたは、「人生に問いかけられている」のだ。

「人生があなたに問いかけている」

あなたは、常に「答えを出す側」なのだ。

これは、「天が動いているのではなく、地球が動いているのだ」というコペルニクス的転換と

同じ衝撃をもたらす…。