リーダーに必要なコンセプチュアル・スキル  第4項目

「イノベーティブな環境を作り出す能力」

企業のイノベーションにとって必要なのは、革新的な取り組みができるような環境である。

閉鎖的で、保守的な空気が強い組織では、イノベーションは、なかなか困難だ。

イノベーションとは、革新的な技術開発、驚くような新商品だけを意味するものではない。

もっと小さなことから始まるイノベーションもある。

大きくはならないけれど、これまでと違ったことを実行する小さなイノベーションもある。

小さなイノベーションが積み重なると、大きなイノベーションに発展したり、大きなイノベーションを引き起こしたりする。

イノベーティブな環境とは、失敗を許容する環境だ。

チャレンジが、いつも成功するわけではない。

むしろ、多くが失敗に終わる。

沢山の失敗があって初めて成功が生まれる。

リーダーには環境を整備する権限と責任がある。

失敗を恐れずチャレンジする風土を作り出すのが、リーダーの責任であり、スキルである。