21世紀のマネージャーの環境は変化している。

今後も以下のような変化がますます強くなっていきそうだ。

①従業員は、もっと多国籍化する。

 日常語の中から、「外人」という言葉が消えつつある…。

 「外人」ではなく、一人ひとりの名前で呼ばれてきている。

 「外人」ではなく、それぞれの個性が認識されつつある。

②職場そのものが海外に(外国に)なる

 マネージャー自身が、異文化の中で「外人」になる?

②組織での仕事は、階層的なものから、チームの協同作業的なものになっていく。

 指示・命令ではなく、もっと自発や自律に基づいての行動になってくる。

 この原因は様々あるだろう。

 これまである種の情報の独占が、権威の源でもあった。

 情報のオープン化によって、それが難しくなったこともある。

一方で、あらゆる産業で、顧客接点を持つサービス業化が進んでいるので、上司よりも「顧客をボスとする」方向へ動いている。

こうした環境の中で、新たにマネージャーに求められるものに「文化的コードのスイッチ能力」だとハーバード大学のモリンスキー教授が述べている。

相手の文化の規範(コード)を知り、ある程度、自分の文化コードを変えていける能力だ。

もうひとつ重要なのは、企業自身が普遍的で強力なグローバル文化を作り上げることだろう…。