カッツ教授は、

リーダーにはコンセプチュアル・スキルが必要だといった。

コンセプチュアル・スキルは何かを何回か考察してきた。  

「考える力」だ。

「考える力」にもいろいろあるが

どのような内容の考える力のことだろう…?

「シンプルなコンセプトにまとめる力」

が、

字義どおり、

「コンセプチュアル・スキル」

ということになる。

抽象化能力と言っても良い。

「個別」の中から「普遍」を、

「具体」の中から「抽象」を

見出し、

抜き出すことができる能力だ。

なぜそんな能力が必要なのだろうか?

決断のためだ。

リーダーが決断するためには、

入り組んだ状況や関係の中から

課題の本質を見抜き、

原則を適用できる程度に

単純化しなけらばならない。

したがって

「コンセプチュアル・スキル」とは、

課題の本質を考えることのできる能力であり、

スキルである

ということができる。