アリストテレス幸福学 その3 

我々の行動の究極の目的は、

最高の『善』である。

もし、究極の目的がなければ、

「何のためだろう?」、

「これは、一体何のためなんだろう?」と

無限に遡ることになり、

我々の欲求自体が、

空虚で、

無意味なものとなるだろう。    1094a 20 

このような「善」の知識は、

我々の生活にも大きな意味を持つ。

弓を射る人にとって、

「標的」がそうであるように、

我々も標的を持つことができれば、

よりよく的中することができる。

このような「最高の善」とは、一体どんなものだろう?

せめて輪郭だけでも、

どのようなものなのか、

どんな能力や学問に関連するものなのかを

把握するように試みなければならない。