社長のためのポーター競争戦略 その1-9 「あふれるばかりの創造性」-多数乱戦業界で生き抜く

大きな企業の中で、

「あふれるばかりの創造性」を持った人が、

活発な創造活動を続けるのは、

「まず無理」であると

ポーターは言う。

だから、

広告制作や

インテリア・デザイン

の分野では、大企業は存在しないと。

日本には、電通や博報堂のような巨大な広告会社がある。

こうした企業でも、「クリエイティブ」を担当するのは、

外部のデザイン会社であったり、企画会社(あるいは個人のプランナー)であったりする。

究極的には、

作家、画家、漫画家など

「あふれるばかりの創造性」がある人は、

個人を基本として仕事をする。

豊かな創造性を必要とする分野は、

業界を圧する大手企業のいない

多数乱戦業界となる。