多数乱戦業界になる理由

その1-5 「売上の変動が激しい」

大規模な設備を持った企業では、フル生産のときには、非常に高い生産効率をあげる。

また、そのように設計されている。

しかし、需要の変動が激しく、フル生産の時期が限られていたらどうだろう?

折角の機器もなかなか力を発揮する機会がないとしたら…?

仕事は、常に一定の量があるとスムーズに流れる。

コストも安くなる。

「それでは」ということで、「造り溜め(つくりだめ)」をしようとする。

そこは、ポーターも見逃さない。

「売上の変動が激しく」、

かつ、

「在庫コストが高い場合は」

とい条件であった。

こうした業界では、小規模で、小回りのきく、柔軟性のある企業の方が、

トータルな経済性で勝るということになる。

これも多数乱戦になる理由だ。